Menu クリーンリサイクル株式会社Menu

会社案内

トップへ戻る

生まれ変わる資源を、
未来へと大切につないでいきたい。

時代の変化とともに、人々をとりまく生活空間や都市環境もその表情を変えていきます。かつては新築だった建物群もやがては老朽化し、その役目を終える。そこに新たな生命を吹き込み、街を再び活性化させるために、私たちにできること。クリーンリサイクルは総合建物解体のエキスパート集団として、建設廃棄物の再資源化・販売を通して、未来の快適な環境づくりのお手伝いに力を注いでいきます。

会社概要

会社名 クリーンリサイクル株式会社
代表者 代表取締役 毎田 健
本社 〒920-0957 金沢市舘町ヌ6番地
TEL:(076)229-2961 FAX:(076)229-2423
工場 〒920-1155 金沢市田上本町テ2番2
設立 平成6年8月26日

沿革

平成6年8月 クリーンリサイクル株式会社設立
平成8年11月 石川県知事許可(般)第013492号
とび・土木工事業(総合解体業)
平成10年6月 石川県知事許可(般)第013492号
土木工事業
平成14年7月 特殊肥料生産業届出 石川県農業第1886号
肥料販売業務開始届出 石川県農業第1887号
平成15年3月 石川県リサイクル認定製品認定第46号
(良質有機堆肥クリーンバーク・マルチング材クリーンマルチ)
平成15年7月 ISO14001認証取得
(環境マネジメントシステム国際規格)
平成18年7月 ISO9001認証取得
(品質マネジメントシステム国際規格)
平成21年8月 石川県知事許可(般)第013492号 石工事
平成28年11月 石川県知事許可(般)第013492号 解体工事業
平成29年12月 石川県知事許可 一般建設業 より 特定建設業 へ変更

ISO

ISO14001

環境品質方針

近年、人々の利便性と豊かさを求め、多くの構造物がつくられ更新される社会経済システムが普遍的になり、その結果、予想をはるかに超える廃棄物を生じ、処分場の逼迫など、環境への多くの負荷を及ぼしている。このような状況においてクリーンライフ株式会社・クリーンリサイクル株式会社は、全社一丸となり収集運搬、リサイクル処理及び処分まで企業者として貴任を認識し循環型社会の実現に向け、環境保全事業に取組み、社会に貢献する企業を目指す。ここに社員全てが、環境マネジメントシステムを実行し、自らの仕事から発生する有害な環境影響を低減する。 また、有益な環境影響を増進するよう活動する。

基本行動

  1. 建設廃棄物の適正処理、再資源化、リサイクルに努める。
  2. 中問処理リサイクル、最終処分埋立、オフィスにおける電気、油、紙などの使用量を削減する。
  3. 資源のリサイクル、廃棄物の処理、処分、収集運搬、解体などの環境側面に 関連する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。
  4. 自然生態への配慮として積極的に植栽活動を行い、環境汚染の予防に努める。

ISO14001

ISO9001

環境品質方針

お客様に満足していただける産業廃棄物中間処理を行い、品質の良いリサイクル製品を提供する。

  1. 法令及び規制等を守り、顧客の二ーズを的確に把握し、適切な産業廃棄物中間処理に努める。
  2. リサイクル製品を製造するにあたり、より良く、安く、早く、安全に対応出来るように技術の研鎖に努める。
  3. 顧客満足を維持するためにQMSを運用し、見直し、継続的改善を図る。

ISO9001

一般事業主行動計画

社員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うとともに、次世代育成支援について地域に貢献する企業となるため、次のように行動計画を策定する。

1、計画期間 平成30年12月1日~令和3年11月30日まで
2、内容

目標1:令和2年12月までに、子供の出生時に父親が取得できる休暇制度を導入する

<対策>
■平成30年12月~
社員のニーズの把握、検討開始
■令和2年度~
制度の導入
管理職研修及び社内回覧などによる社員への周知

目標2:令和3年6月までに、所定外労働を削減するため、ノー残業デーを設定する

<対策>
■令和元年12月~
所定外労働状況の把握・分析
■令和2年12月~
管理職に対する生産性研修及び社内回覧などによる社員への周知
生産性向上のための取り組み
■令和3年6月~
ノー残業デーの実施