HOMEの中の食品リサイクル

食品リサイクル

食品リサイクルの基本理念

食品リサイクル法は、大量消費・大量廃棄型社会から、循環型社会への転換が急がれる状況の中、食品廃棄物等の排出抑制、資源の有効利用のために平成12年に制定されました。
食品の製造、流通、消費、廃棄等の各段階で食品廃棄物に係るものが一体となって、発生の抑制を優先的に取り組み、食品循環資源の再生利用、ならびに減量(これらを食品リサイクル法では食品循環資源の再生利用等といいます。)に取り組むことで環境負荷の少ない循環を基調とする循環型社会の構築を目指します。

食品残さで作る混合良質有機堆肥 クリーンパワー

良質有機堆肥 クリーンパワー
石川県リサイクル認定製品石川県リサイクル認定製品

食品関連事業者より排出される食品廃棄物とせん定枝を混合し堆肥化を行い、 有機肥料「クリーンパワー」を製造販売しております。
排出処理から利用という食品のリサイクルループをつくっております。